• ホーム
  • ED治療薬の種類と食事による影響

ED治療薬の種類と食事による影響

ED治療薬といえば、誰でもまず思い浮かべるのは、バイアグラではないでしょうか。
それほど、この治療薬は発売されてから、その効果の高さで知られるところとなり、勃起障害で悩む男性に愛用されてきました。
しかしながら、現在、ED治療薬は、全部で3種類あり、どれを選べばいいのか悩むこともあるようです。

現在は、バイアグラの他に、レビトラ、シアリスという製品が発売されています。
これらの作用、副作用、また、食事による影響はそれぞれどのようなものがあるでしょうか。

知名度があり、安心できるものとしては、やはりバイアグラでしょう。
ただし、こちらは食事の影響を受けるため、食後1時間以降に服用することがおすすめです。
効果としては、服用後約30分から60分で作用が表れます。
そして、効果が出始めてから約4時間、効果が持続します。

次に、レビトラですが、これは食事の影響を多少受けますが、バイアグラほどではないので、食後30分以降に服用することがおすすめです。
即効性があり、飲んでから15分から30分で効いてきます。
作用時間は約4時間です。
また、副作用が少ないことも特徴です。

また、シアリスは、3種類のED治療薬の中では、一番使用に融通が利くようです。
まず、食事の影響がないため、何時飲んでもいいのが特徴です。
さらに、作用時間が長く、36時間も効果が持続します。
飲んでから30分から60分で作用が表れます。
また、副作用も比較的少なく、安心して飲める製品でしょう。
例えば、明日彼女とデートがあるけれど、いつ行為があるか分からない、という場合は、シアリスを選ぶとよいでしょう。
食事をいつ食べても、関係なく服用できますし、作用時間が長いため、早めに飲んでおいても大丈夫です。