• ホーム
  • 早漏を改善させるトレーニング方法について

早漏を改善させるトレーニング方法について

日本人の成人男性の中で、3人に1人の割合で早漏であると言われています。
早漏はPEという表現でも表わされる症状ですが、性機能障害で性行為において女性器への挿入後に1分以内に射精してしまう症状のことを指します。
または、射精についてコントロールができないことへの精神的なストレスや、悩みなどを感じていることもPEに該当します。
PEには心因性早漏や過敏性早漏、包茎性早漏などの種類があり、男性用のクリニックにおいて治療を受けることができます。
PEを改善させるためのトレーニングとして良く知られているものに、スタートアンドストップ法というものがあります。
スタートアンドストップ法は性行為や自慰をしているときに、射精しそうになると動きを止める方法となります。
繰り返して射精を我慢することによって、実際の性行為のときにも射精するまでの持続力を高めることができると考えられています。
スタートアンドストップ法と似たトレーニング方法として、セマンズ法というものがあります。
セマンズ法では男性が横になりながら、パートナーの女性が手でペニスの刺激を行って、射精しそうになったときに刺激をストップしてもらう方法となります。
刺激の与え方としてローションなどを使用して刺激を高めてから、同じように射精しそうになったときに刺激を止めるトレーニングをすることで、性交渉の際においてもPEを改善することができます。
さらに、セマンズ法を発展されたPE改善のためのトレーニング方法として、スクイーズ・テクニック法があります。
流れとしてはセマンズ法と同様なものとなりますが、ピストン運動を止めても射精が止まらないときに用いられる方法です。
スクイーズ・テクニック法では、ペニスの包皮小帯の部分と亀頭上部を圧迫させることで射精を止める方法となり、重度のPEの場合に効果的であると言えます。

サイト内検索