• ホーム
  • シアリスの特徴として挙げられる作用時間の長さについて

シアリスの特徴として挙げられる作用時間の長さについて

ED治療薬と言えば即効型お薬ばかりと言われてきました。
実際に大手メーカーが提供する有名なED治療薬は確かに即効型であり、
作用の効き目が強い一方で持続力が短く、ユーザーは短期決戦で性交に挑む事しか出来ませんでした。
しかしシアリスの登場によってED治療薬の歴史は変わったのです。
シアリスは今までの治療薬とは異なり、圧倒的な作用時間の長さを誇ります。
即効型の治療薬は長持ちしても、5時間から8時間程度しか持ちませんでした。
その一方でシアリスは、持久型の特徴を持ち、その作用時間は最大で36時間です。
36時間の数値はあくまでMAXの値ですが、それでもシアリスの作用時間は平均しても一日以上の持続がありますので、かつてのED治療薬にはまるで違った使い方が出来ます。

作用時間が極めて長いという特徴を活かせば、週末のデートや妊活が一気に捗ります。
性交の度にいちいちED治療薬を飲む必要はなく、
例えば金曜日にシアリスを飲んでおけば、その効用が土曜日丸ごと一日継続します。
その間、性交が問題なく進められますので、既存の即効型のED治療薬とは違い、
焦る必要なく、ゆっくり落ち着いて恋人や奥様と性交出来ます。

またシアリスの第二の特徴として挙げられるのが、副作用の穏やかさです。
一般的に局所に作用するED治療薬は副作用が強く、
めまいや吐き気、視野の変化等が時々激しく男性の身体に現れます。
副作用のリスクからED治療薬の利用をやめる人々も少なくありませんが、
シアリスでしたら、優しく作用が現れますので深刻な副作用は発生せず、健全な男性であればほとんど体調に違和感を覚えないでしょう。
シアリスは価格帯も高くなく、日本人男性でも入手しやすいため、
初めて利用するED治療薬としてもオススメです。